2012年04月18日

法定後見への報酬について

家庭裁判所は、後見人等の報酬付与の審判申立てに対して、

「後見人及び被後見人の資力その他の事情によって、被後見人

の財産の中から、相当な報酬を与えることができる」とされて

います。法定後見人への報酬は家庭裁判所が決定します。

一般的には、後見業務の開始から1年ごとに申立てが行われて

います。また、親族以外の第三者後見人に対する報酬は、月額

2〜3万円程度が目安となりますが、これも、被後見人の資

力や、後見業務の内容(例えば被後見人の不動産の処分を行った

等、複雑な業務を行った等)によって、家庭裁判所の判断で変動します。
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 18:58| Comment(0) | 後見制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

後見制度の種類

暮らしのお悩み相談会のお知らせ

下記日程で当事務所主催の相談会を行います。

相続手続きや遺言作成、認知症・成年後見制度

介護、離婚問題、悪徳商法など日々の暮らしの

お困りごと・お悩みをお気軽にご相談ください。

4/30(月・祝日) 札幌西区民センター(9:30〜17:00)
5/2(水)     札幌豊平区民センター(13:00〜17:00)
5/14(月)    札幌西区民センター(13:00〜17:00)

詳細はこちらから

*************************************

後見制度には、「任意後見制度」と「法定後見制度」
の2種類があります。

任意後見制度
 
判断能力が不十分になる前に、将来、判断能力が
 
不十分となった場合に備えて、自分自身で援助者
 
(任意後見人)や支援をして欲しいこと(代理行為)

を決めておくと言うものです。

 
任意後見契約は必ず公正証書で作成する必要があります。
 
任意後見契約の発効は、本人の判断能力が衰えてきた
 
場合に、家庭裁判所に任意後見監督人選任の請求を行い、
 
選任されたときから、任意後見受任者が任意後見人となり
 
与えられた代理権に基づいて後見事務を開始します。

法定後見制度
 
判断能力が不十分となった場合に、家庭裁判所に審判の申立を
 
行うことによって、選任された成年後見人等(成年後見人・
 
保佐人・補助人)が援助を行います。本人の判断能力に応じて、
 
「後見」「保佐」「補助」の3つの類型があります。
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 12:33| Comment(0) | 後見制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

成年後見人の仕事

後見人の仕事とはどういうものなのか・・・・
家庭裁判所の成年後見のパンフレットなどには

認知症、知的障害、精神障害などによって物事を
判断する能力が十分でない方について、その本人の
権利を守る援助者(成年後見人等)を選ぶことで
本人を法律的に支援する制度

と説明されています。
この法律的な支援とは「財産管理」と「身上監護」
に分けられます。

財産管理の具体例としては
・実印、印鑑登録カード、不動産の権利証、通帳、有価証券など
 重要な証書等の保管および各種の手続き
・年金、賃料その他収入の受領や管理
・日常生活での金銭管理
・住居用不動産の維持・管理
・本人に必要な衣類や生活用具の購入
・その他財産の維持・管理・処分

身上監護の具体例としては
・医療に関する事項
    病院等の受診、医療・入退院等に関する契約、費用の支払い

・住居確保についての事項 
    ・本人の住居の確保に関する契約・費用支払い
    ・本人の住居を決定するための情報収集並びに本人の意思確認
    ・本人の住居の維持、快適な生活環境保持のための状況把握

・施設の入退所、処遇の監視、異議申し立て等に関する事項
    ・福祉施設等の入退所・通所に関する契約・費用支払い
    ・福祉施設等を決定するための情報収集並びに本人の意思確認
    ・福祉施設等への定期的訪問による処遇に対する監視・監督行為
    ・福祉施設等を利用する本人の意思・苦情の聴取

・介護生活維持に関する事項
    ・介護、保険、福祉サービスに関連して必要な申請、契約、費用
     支払い
    ・本人を取り巻く支援関係者とのカンファレンスや状況確認、連絡、調整
    ・本人の心身状態、生活状況、社会参加に対する希望の把握ならびに
     意思確認
    ・身上監護業務遂行上不可欠な親族等との連絡調整

・教育、リハビリ等に関する事項
    ・教育、リハビリ、就労、余暇活動、文化的活動等の社会参加に関する
     契約、費用支払い

・その他契約の履行に関する追跡調査

そのほか、相続手続き、手続き上の異議申立、裁判手続等があります。

よく、被後見人の身体介護を後見人がすると思われていますが、
身体介護等の事実行為(食事や排せつの介助、清掃、送迎、付き添い)
は後見人の仕事ではないのです。
このような事実行為が必要な場合は、後見人がヘルパーさん等を
手配して行ってもらう形になります。

posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 15:20| Comment(0) | 後見制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。