2012年06月11日

クーリングオフの仕方

クーリングオフをすす場合には、契約の相手方である業者

に書面でその契約をクーリングオフする旨の通知を出す必要

があります。ポイントは、その通知を必ず書面で行うということです。

書面でと言うのは、手紙などの郵送方法で出すと言うことです。

クーリングオフの場合には、そ記載内容は非常に短い内容で

済んでしまいますので、ハガキで出すことも可能です。

しかし、ハガキを普通郵便で送っただけでは、後日業者から

そんなハガキは届いていないと言われる可能性もあります。

そこで、そのようなトラブルにならないようにする為、クーリング

オフ期間内に郵送した事が証明できる方法で郵送する必要があります。

最も確実なのは内容証明郵便を使う方法ですが、手間や費用がかかったり、

相手の感情を害する可能性もありますので注意が必要です。

一般的には内容証明を使わなくても、ハガキにクーリングオフする

旨の内容を記載し、ハガキの両面をコピーを取った上、簡易書留で

郵送することで、郵便局からの発信日も特定できますので、トラブルに

なった際にも十分証拠となります。

クーリングオフの通知は、クーリングオフ期間内に発信すれば

大丈夫です。つまりクーリングオフ期間内の消印で出せばいいのです。

さて、クーリングオフを通知する書面の書き方ですが、

業者からもらった、申込書や契約書の内容をよく確認しながら、

●契約した相手業者の住所・名称・代表取締役の氏名●購入した商品等の
名称・価格●担当者の氏名と、契約を解除する旨を記載します。

#################################

下記日程にて、当事務所主催の遺言セミナー&相談会を

実施いたします。

セミナーでは、どんなケースでどんな相続トラブルが起きるのか

を確認した上で、ご参加いただいた皆さんの相続トラブルの危険度を

チェックし、「遺言」の必要度を診断します。

その後、個別に無料の相談会を行います。

なんとなくご自分の相続に不安を感じていらっしゃる方、遺言に

ご興味がある方など、お気軽にご参加ください。

********************************************************
遺言必要度診断セミナー&遺言・相続個別相談会スケジュール

● 6/19 (火)   札幌市北区民センター 小会議室
● 6/27 (水)   札幌市豊平区民センター 第3会議室

 第1部 遺言必要度診断セミナー 13:00〜14:00
      参加費:500円 (定員10名)

 第2部 遺言・相続個別相談会   14:30〜17:00
      相談料無料 

 詳細はこちら

 ※第2部の無料相談のみのご参加でも結構です。
 ※セミナー・相談会とも予約の方、優先とさせていただきます。

お問い合わせ・ご予約は

村上よしまさ行政書士事務所

TEL  011−618−5203
E-mail info@murakami-office.net 

※メールでのご予約はメールフォームから、お名前・お電話番号・
 メールアドレスとお問い合わせ詳細欄に希望日・希望会場と、
 第1部・第2部どちらに参加希望か、第2部の場合は希望時間
 を入力の上送信してください。折り返し確認メールをお送りします。

***********************************************************
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 19:12| Comment(0) | 悪徳商法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。