2012年05月28日

社会福祉協議会 日常生活自立支援事業

社会福祉協議会の行っている、日常生活自立支援事業とは、

例えば、介護保険制度などの福祉サービスを利用したい

けれど、手続きが分からない、お金の管理が最近不安になった。

訪問販売の人が来たときに、どう対応したらいいのか分からない。

というような、高齢者の毎日の暮らしの中で、不安に思ったり、

困っていたりするような事がある場合に、各種福祉サービスの

手続きのお手伝いや、金銭の管理のお手伝いをして、高齢者が

安心して暮らしていけるようにサポートを行う事業です。


札幌市社会福祉協議会の場合、日常的な生活支援サービス
(基本サービス)として、福祉サービスの利用手続きのお手伝いや、
各種書類などの説明などを行うほか、選択サービスとして
金銭の管理(通帳・預金などの管理を代行)や財産保全(不動産権利書など
の重要書類の保管)などを行ってくれます。

サービスを利用するには、1時間1,200円の利用料と、生活支援員の
交通費が必要となります。

財産保全サービスの場合には、年間3,000円の利用料がかかります。

(※上記は札幌市社会福祉協議会の場合)

日常生活自立支援事業は、自分自身の判断能力がある、契約締結が可能

な方が利用することができます。
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 16:28| Comment(0) | シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。