2012年05月26日

内縁の妻からの後見申立

内縁とは、法的な婚姻関係になく、実質的な婚姻関係に

あるとみなされる事をいいます。この内縁の妻は

民法上は親族ではなく、成年後見申立権者である四親等以内の

親族には含まれません。家庭裁判所も内縁の妻からの申立について

は認めていないのが現状のようです。

近年では、お互いの意思で籍を入れない、事実婚のカップルも増えて

います。この傾向は今後も増加すると予想されます。

では、現状の制度において事実婚の方が後見制度を利用していくためには

どうすればよいのでしょうか?

一番良いのは、お互いに任意後見契約を結んでおくことです。

任意後見契約は公正証書で締結する必要があるため、少々手間と

費用がかかりますが、もし一方のパートナーの判断能力が衰えた

場合には、もう一方の健常な者が財産の管理(預金の引き出しなど)

や身上監護(デイサービスや老人ホーム等への入所契約など)を行う

事ができます。

また、任意後見契約を結んでおらず、パートナーが後見制度の利用が

必要となってしまった場合には、4親等以内の親族に申立を依頼する

ことになりますが、4親等以内の親族がいない、または事情により

申立を依頼できない場合には、市長申立を利用する方法があります。

この市長申立とは、成年後見制度の利用が必要な状況にも関わらず、

申立人がいない、事情により申立ができない場合などに、市町村長が

申立を行うというものです。

この市長申立については、該当の市があまり積極的に取り組んでいなかったり、

申立に時間がかかってしまう等といった問題があるのが現状です。

posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 10:33| Comment(0) | 後見制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。