2012年05月18日

相続税の基礎知識@

● 相続税とは

相続税は、相続や遺贈など人の死亡を原因として財産を
取得した個人に課される国税です。相続税は相続税法と
いう法律に定められており、
※@相続、A遺贈、B死因贈与、C相続時精算課税に係る贈与 
によって財産を取得した場合に課されます。

@ 相続  
   被相続人の死亡によって、相続人が財産を引き継いだ場合
A 遺贈   
   遺贈者(被相続人)の遺言によって、財産が譲渡された場合
B 死因贈与  
   契約に基づいて、贈与者の死亡を条件として、財産が無償で
   譲渡された場合
C 相続時精算課税 
   相続時精算課税制度を利用して生前贈与が行われた場合
   に関わる贈与

● 基礎控除について

相続税は、基礎控除額を超えた場合に納税しなければなりません。
基礎控除額の計算は

   5,000万円 × (1,000万円×法定相続人の数) 

の計算によって算出されます。例えば、法定相続人は3人であった
場合は、
5,000万円×(1,000万円×3人)=8,000万円 
が基礎控除額となり、遺産の総額が8,000万円以下であれば、
相続税を払う必要はありません。
 また、相続税には基礎控除以外にも様々な税額控除があります。

※基礎控除の情報に関しては2012年5月18日現在の情報です。
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 10:48| Comment(0) | 遺言・相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。