2012年05月07日

エンディングノートとは

遺言書などを作るのはちょっと大変・・・・

そう感じているなら、まずはエンディングノート

を作ってみてはいかがでしょうか?

エンディングノートとは、事故や病気などの

トラブルがあった時や、人生の終末に向けて家族に

伝えたいことがある時に、事前に記入して家族に

残しておくノートです。

もし突然この世を去るような事態になって、家族に

必要なことが伝えられないような事態になっても、

このノートを作っておけば安心です。

記載する内容や書き方に決まったものはありません。

既成のものでも、ご自分が用意したノート・日記でも

OKです。

自分が亡くなった後の事務的な処理に必要な情報

(財産に関する情報、友人関係の情報など)

家族や友人へのメッセージ、医療・介護に関する希望

もし自分の意識が無くなった場合の延命治療についての

考えなどを記載しておくと、家族がもしもの時に色々な

手続きや判断をする際に非常に大きな助けになります。


注意点としては、エンディングノートは、遺言書とは違って

強制力はないので、財産の配分などどうしても自分の

希望どうりにしたい、トラブルを防ぎたいという場合には

遺言書の方がよいでしょう。

また、せっかく作ったエンディングノートも、その存在を

誰も知らなくては役に立ちません。家族や信用のおける人に

保管場所などを知らせておく必要があります。

posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 09:42| Comment(0) | 終活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。