2012年05月04日

シニアライフとペット〜ペット遺言のススメ

「もし大切な家族であるペット達より先に、自分が亡くなっ
てしまったら・・・・」

皆さんは考えた事がありますか?同居の家族が見てくれる・・・、
子供たちが世話をしてくれる・・・、友達が引き取ってくれる
はず・・・・。そうは思っても心配になってしまうと思います。

健康上の理由や、住宅事情などでどうしても引き取ることができ
ない場合もあるかもしれません 。そうなってしまったらペット達
はどうなってしまうでしょうか。大切な家族であるペットにそん
なつらい、悲しい思いをさせないためにも、飼い主が責任をもっ
て準備をしてあげることが必要ではないでしょうか

日本の法律上、ペットは「物」として取り扱われてしまいます。
したがって財産を持つ権利は認められていません。遺産の全てを
ペットに贈るというようなことは、日本では不可能です。
社会的にも、故人のペットを保護するようなシステムは今のとこ
ろ見当たりません。現状考えられる方法は、

●遺言による負担付遺贈
●死因贈与契約

この二つになるかと思います。どちらも、ペットの世話を条件と
して一定額の金銭等を受遺者(ペットの面倒を見てくれる人)に
贈るというものです。残されたペットを世話を、あなたが信頼する人
や団体に託すことができれば、あなたにとってもペットにとっても
一番幸せで安心できるのではないでしょうか。  

●ペット遺言(遺言による負担付遺贈)
遺言によって、ペットの世話を条件に財産を譲る形になります。
「遺贈」は後述する贈与契約とは違って、遺言者の一方的な意思表示
です。つまり受遺者(ペットの世話を頼む人)の承諾を必要としませ
ん。しかし、いくら信頼できる人であるからと言っても大切なペット
を託すことになるのですから、事前にきちんと了承を得ておきましょう。  
遺言の方法としては、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3
つがありますが、後々のトラブルを防ぐ意味でも、公正証書遺言をお勧
めします。さらに遺言執行者も指定しておけば、遺言者の希望どおりに
遺言内容を実現してもらうことができます。  

●死因贈与契約
死因贈与契約は、贈与者・受遺者双方の合意(契約)によって行われます。
つまり、遺産を受け取る代わりに、ペットの世話をすることを承諾すると
いうことになるので、遺贈よりも確実性が高いと言えます。死因贈与契約
については当事者間で契約を交わせば有効に成立しますが、他の相続人との
トラブルになる場合も見受けられるので、公正証書にしておくことをお勧め
します。


***************************************

札幌の遺言・相続・成年後見のご相談は

遺言・相続・成年後見サポートセンター

http://souzoku-soudann.com

T E L  011-618-5203
E-mail yo-murakami@souzoku-soudann.com

****************************************
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 07:55| Comment(0) | 遺言・相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。