2012年05月12日

相続放棄の注意点

相続財産が借金のみであると言うような場合は、

相続の開始を知った日から3カ月以内に相続放棄

を行います。しかし、相続財産がプラスであっても

相続放棄を行うケースがあります。

例えば、相続人が妻と子であった場合、妻が全ての

財産を相続することとし、子が相続の放棄を行う

といったケースです。

ところが、ここで注意が必要なのは、もしこのケースで

夫の兄弟が生きていた場合にはどうなるでしょうか?

子が相続放棄を行えば、兄弟に相続権が発生します。

妻と兄弟が相続人となった場合、1/4が兄弟の相続割合です。

また、兄弟はすでに亡くなっていた場合、その兄弟に子がいれば

子が相続することになります。

つまり、子が相続放棄をしたことによって、従兄に相続権が発生

することになるのです。

さらに、非常にまれなケースではありますが、亡くなった夫の親が

再婚等で、前夫・前妻との間に子があった場合には、その子

(異父兄弟姉妹・異母兄弟姉妹)にも兄弟として相続権があります。

(この場合、父母を同じくする兄弟の1/2の相続分になります)


相続人である子から見て、祖父母に当たる人の婚歴などは、把握し

ていない場合も十分考えられますので、注意が必要です。

相続放棄は一度行ってしまえば撤回はできません。

しっかりと相続人調査(戸籍調査)を行う必要があるのです。

***************************************

札幌の遺言・相続・成年後見のご相談は

遺言・相続・成年後見サポートセンター

http://souzoku-soudann.com

T E L  011-618-5203
E-mail yo-murakami@souzoku-soudann.com

****************************************


posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 17:43| Comment(0) | 遺言・相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

シニアを守る悪徳商法ケーススタディ

ケース
A子さんは、昼間自宅を訪ねてきた健康食品を販売して

いるという業者に健康にいいというお茶を勧められた。

感じのいいセールスマンで、商品以外の話もはずんでいたので

何も買わないのは悪いという気持ちもあり、20パック入りの

お茶を1箱購入した。その夜、仕事から帰ってきた息子に

そのことを話すと、金額が高額なことに驚き返品をしたほうが

いいという話になった。ところがA子さんは、すでに1パック

飲んでしまっていた。この場合には返品は可能だろうか?



訪問販売やキャッチセールスなどで、本来購入するつもりが

なかったのに買わされてしまうというケースがあります。

この場合には、クーリングオフ制度を使えば、商品が不良品などで

なくても契約の解除が可能です。

クーリングオフによる契約の解除は、「クーリングオフができる」

旨を記載した契約書の交付を受けた日から8日以内に、契約を解除する

旨を書面にして、業者に通知をすればよい。8日というのは

書面を発送した日であるので、相手方に届いたのが8日を過ぎていても

問題ありません。

送付したということをしっかりと証明するためにも、内容証明郵便で

送るのが良いでしょう。

では、今回のケースのように一部を消費してしまったような場合は

どうなるでしょうか?

クーリングオフは通常使用したり、消費したりした場合には使えない

ことになっていますが、セット商品などの一部を消費しただけで

あれば、残りの部分のクーリングオフは可能です。

今回のケースでは、残りのお茶については契約を解除できます。

ただし、3000円未満の契約で、すでに代金を支払って商品が手元に

ある場合にはクーリングオフの対象外となります。

***************************************

札幌の遺言・相続・成年後見のご相談は

遺言・相続・成年後見サポートセンター

http://souzoku-soudann.com

T E L  011-618-5203
E-mail yo-murakami@souzoku-soudann.com

****************************************

posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 11:50| Comment(0) | 悪徳商法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

エンディングノートとは

遺言書などを作るのはちょっと大変・・・・

そう感じているなら、まずはエンディングノート

を作ってみてはいかがでしょうか?

エンディングノートとは、事故や病気などの

トラブルがあった時や、人生の終末に向けて家族に

伝えたいことがある時に、事前に記入して家族に

残しておくノートです。

もし突然この世を去るような事態になって、家族に

必要なことが伝えられないような事態になっても、

このノートを作っておけば安心です。

記載する内容や書き方に決まったものはありません。

既成のものでも、ご自分が用意したノート・日記でも

OKです。

自分が亡くなった後の事務的な処理に必要な情報

(財産に関する情報、友人関係の情報など)

家族や友人へのメッセージ、医療・介護に関する希望

もし自分の意識が無くなった場合の延命治療についての

考えなどを記載しておくと、家族がもしもの時に色々な

手続きや判断をする際に非常に大きな助けになります。


注意点としては、エンディングノートは、遺言書とは違って

強制力はないので、財産の配分などどうしても自分の

希望どうりにしたい、トラブルを防ぎたいという場合には

遺言書の方がよいでしょう。

また、せっかく作ったエンディングノートも、その存在を

誰も知らなくては役に立ちません。家族や信用のおける人に

保管場所などを知らせておく必要があります。

posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 09:42| Comment(0) | 終活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。