2012年04月22日

任意後見制度とは

任意後見制度とは判断能力に問題がなく、締結する

任意後見契約等の内容が理解でき、当該任意後見契約

等を締結する意思がある人が利用できる制度です。

本人の判断能力が衰えた際に支援を行ってもらう内容

(代理権)について、任意後見人(任意後 見受任者)

との間で、契約書を作成します。この契約は、公証役場

において公正証書で行う必要があります。


任意後見契約の発効は、本人の判断能力が衰えてきた場合に、

家庭裁判所に任意後見監督人※選任の請求を行い、選任された

ときから、任意後見受任者が任意後見人となり、与えられた代理

権に基づいて後見事務を開始します。

※任意後見監督人とは、任意後見人の後見事務を監督し、家庭裁

判所に報告を行います。また、本人と任意後見人の利益が相反する

法律行為を行う場合には任意後見監督人が本人を代理します。

(利益が相反する法律行為とは、例えば、両者が共に相続人の立場

になった場合などを指します)


費用の面や、制度の理解不足でなかなか利用が進んでいませんが、

特に身寄りがいない方や、親族が遠くに住んでいる、親族との

関係に問題があるような高齢者の場合、もし認知症などになった時に

後見制度の利用自体がスムーズに行いない場合があります。

判断能力のあるうちに、信頼できる方を任意後見受任者として

指定しておくことで、様々なトラブルを防ぐことができ、

スムーズにご本人の支援を行うことができます。
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 10:05| Comment(0) | 後見制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。