2012年04月21日

成年後見人ができないこと

成年後見制度は本人の、「財産管理」と「身上監護」を
その業務範囲としていますが、下記の事項については取り
扱うことができません。

@ 本人(被後見人)の日用品の購入に対する、同意・取消
  本人が生活する為に必要な食料品や嗜好品その他の日用品
  の購入は、成年後見人等の同意は必要とせず、また取り消
  すこともできません。

A 事実行為
  事実行為とは、本人への食事や排泄等の介助や、清掃、送迎、
   病院への付き添い等の行為を指します。基本的にこれらの
   行為は、介護保険やその他の制度を利用し、ヘルパー等の
  専門家に委ねることになります。
  (親族の後見人等が、自己責任において行う場合は除く)

B 医療行為への同意
  医療行為には、インフルエンザの予防接種などの簡単なものから、
  手術や延命措置など広範囲に及びますが、これら医療行為に対する
  同意については、成年後見人の代理権の及ぶところではないと解さ
  れています。

  医療行為への同意については、親族がいれば親族が、いない場合
  には医師の判断に委ねることになります。

C 身元保証人・身元引受人・入院保証人等
  施設への入所契約等において、身元保証人・身元引受人を連帯
  保証人としている場合がありますが、原則としてこれらの保証人
  等への就任は行いません(専門職後見人の場合)

posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 10:46| Comment(0) | 後見制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。