2012年04月16日

後見制度の種類

暮らしのお悩み相談会のお知らせ

下記日程で当事務所主催の相談会を行います。

相続手続きや遺言作成、認知症・成年後見制度

介護、離婚問題、悪徳商法など日々の暮らしの

お困りごと・お悩みをお気軽にご相談ください。

4/30(月・祝日) 札幌西区民センター(9:30〜17:00)
5/2(水)     札幌豊平区民センター(13:00〜17:00)
5/14(月)    札幌西区民センター(13:00〜17:00)

詳細はこちらから

*************************************

後見制度には、「任意後見制度」と「法定後見制度」
の2種類があります。

任意後見制度
 
判断能力が不十分になる前に、将来、判断能力が
 
不十分となった場合に備えて、自分自身で援助者
 
(任意後見人)や支援をして欲しいこと(代理行為)

を決めておくと言うものです。

 
任意後見契約は必ず公正証書で作成する必要があります。
 
任意後見契約の発効は、本人の判断能力が衰えてきた
 
場合に、家庭裁判所に任意後見監督人選任の請求を行い、
 
選任されたときから、任意後見受任者が任意後見人となり
 
与えられた代理権に基づいて後見事務を開始します。

法定後見制度
 
判断能力が不十分となった場合に、家庭裁判所に審判の申立を
 
行うことによって、選任された成年後見人等(成年後見人・
 
保佐人・補助人)が援助を行います。本人の判断能力に応じて、
 
「後見」「保佐」「補助」の3つの類型があります。
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 12:33| Comment(0) | 後見制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。