2012年04月03日

自筆証書遺言〜検認手続について

封印のある遺言書は、発見しても勝手に開封

などをしてはいけません。必ず相続人又は

その代理人の立会の下で家庭裁判所において

開封を行い、検認の手続きを行わなくては

なりません。(公正証書遺言以外の遺言は

全て検認手続を行わなくてはなりません)

検認は一種の証拠保全手続きです。検認時点での

遺言の形状・内容を確認し、その後の偽造・変造を

防ぐために行われます。つまり、検認が遺言が

有効な物であるかどうかを証明するものでは

ありません。

検認手続の方法は、相続の開始地または遺言者の

最後の住所地を管轄する家庭裁判所に遺言書の

保管者または、遺言書の発見者が検認の請求を

行います。

検認の手続きを行わなかった場合や、封印してある

遺言書を勝手に開封した場合には、5万円以下の

過料に処せられます。

(勝手に開封を行った場合にも、遺言書の

効力に影響はありません。)

遺産分割の手続きを行う上で、相続財産の名義変更

を行う場合、検認を行っていない遺言書では各金融機関

などは手続きを行ってくれないので注意が必要です。


***************************************

札幌の遺言・相続・成年後見のご相談は

遺言・相続・成年後見サポートセンター

http://souzoku-soudann.com

T E L  011-618-5203
E-mail yo-murakami@souzoku-soudann.com

****************************************


posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 09:40| Comment(0) | 遺言・相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。