2012年03月28日

遺言執行者について

遺言執行者は、相続人間の利害を調整しながら、
適正な処理を行い、遺言者の意思・希望である遺言の
内容の実現に向けて業務を行います。


遺言は、相続人間の利益が相反する場合が多く、相続人に
遺言の執行を任せる事が適当とはいいきれません。
というのも、相続人の対立が生じたり、それぞれの思惑
によって公正な遺言の執行を妨げてしまったり、執行がで
きたとしても対立した状況であっては後日、紛争となるお
それがあるのです。
また、遺産の中身によっては法律的専門知識などが必要
な場合もあります。

このような場合に、相続の専門家に遺言執行者を依頼して
おけば、遺言をした人の意志に添い、相続人間の利害を
調整しながら、遺言の適正な処理を行いスムーズな相続手続
を行う事ができます。

遺言執行者は、法律上、財産管理、執行の権限を持ち、
相続人はその権限の行使を妨げる事はできません。
(民法1013条)
また、この規定に反する処分を相続人が行ったとしても、
無効となります。

なお、遺言執行者は、遺言で選任をする事もできますし、
相続開始後に家庭裁判所に請求して選任する事もできますが、
予め遺言で選任しておいた方が、相続後に遺言執行者の選任
を家庭裁判所に申立てする必要がない為、相続手続を速やか
に行う事ができるといえます。
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 11:25| Comment(0) | 遺言・相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。