2012年02月27日

相続-二世帯住宅の危険性

二世帯住宅でよくあるのが、親名義の土地に子供が家を建てたり、土地・建物を親子で共有に
しているケースです。この共有の状態で相続が発生すると、トラブル発生の可能性が非常に高
くなってきます。例えば二世帯住宅を親と共有の名義にしていた場合、親が亡くなるとその持
ち分は相続財産となります。兄弟がいる場合には一緒に住んでいない兄弟もその二世帯住宅に
ついての権利を持つということです。相続財産については、話し合い(遺産分割協議)によっ
て分割を行うことになりますが、もし他に目ぼしい財産がない場合や、兄弟の仲が悪いなどで
話し合いがまとまらない場合には、最悪マイホームを売却して遺産分割を行わなければならな
いという事態も考えられます。また、遺産分割協議泥沼化してそのまま兄弟の共有にしておい
た場合に、万が一その兄弟が亡くなると、さらに相続人が広がって(その兄弟の奥さんや子供
が相続人となる)収拾がつかなくなってしまう危険性があります。同居を条件に、親が資金提
供をして2世帯住宅を建てるケースはよく見られます。しかし他に相続人がいる場合には、相
続となった場合にどうするかということをしっかり考えておくことが必要になります。
では具体的にはどういった準備の方法があるでしょうか?まず考えられるのは遺言を活用する
方法です。遺言で二世帯住宅の権利については、現在住んでいる者に相続させる旨指定をして
おき、他の相続人にはその他財産を配分する。兄弟の仲が悪いなどの場合は特に遺留分を考慮
した配分をすることでトラブルを防ぐことができます。また、他に目ぼしい財産がないような
場合には、例えば生命保険などを利用して、住宅を相続しない相続人に対して、不公平感のな
い遺産配分が行えるように準備をしておくのもトラブル防止に効果的な方法です。

posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 17:54| Comment(0) | 遺言・相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

AIJ問題

国内独立系の投資顧問会社AIJ投資顧問が

企業年金から受託した資金約2000億円を

租税回避地のケイマン諸島の私募投資信託を

通じて運用し、その約9割が消失してしまった

っているという事件。

なぜそのような事態になったのかについては

調査中ではっきりはしていませんが、いずれにしろ

何らかの不正・不幸行為があった可能性が

高いと思われます。


AIJに運用を委託していた企業年金の多くは

中小企業で、積み立て不足の問題から、高い

運用実績を必要としていたという構図も見られ、

企業年金の抱える問題が今後大きくクローズアップ

されていく事件だと思います。


老後の生活を守る大切な年金ですが、その

詳細な内容等を把握している人は少ないのでは

ないでしょうか?

今回の事件が、本当にAIJだけの問題なのか・・・・

今後の展開に注目です。

posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 11:49| Comment(0) | シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

再婚の増加と相続トラブル

日本では、毎年約70〜73万組が結婚をして

約25万組が離婚をしています。

そして、結婚のうち、どちらかが

再婚である割合は、約25%だそうです。


このことは、今後相続が起こった場合にも

かなり複雑な相続人関係が増えていくと

言うことになります。

相続人に前妻の子がいた場合に、遺産分割協議

をスムーズに進められるのか?・・・

また、再婚で連れ子がいた場合には、相手との

養子縁組がなければ相続人となれませんが、

その他の相続人との関係も含めて、どう判断

していくのか・・・・


今後は、遺言の作成を含めたよりしっかりとした

相続に対する準備がなければ、問題が発生して

しまう可能性が非常に高いと言えます。

昨今言われている、相続事情の変化をしっかり

認識する必要があるのではないでしょうか?
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 09:35| Comment(0) | 遺言・相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。