2012年01月18日

終の住処の考え方

前回、これからの介護事情が、在宅重視の方向性と

なって行くのでは?・・・というお話をしましたが、

では、在宅で介護を受けつつ暮らしていくために

どんな準備が必要なのでしょうか?

今日は、自宅のリフォームについて考えてみます。


在宅で介護ケアを受ける場合には、車いすの使用や

介助などを考慮に入れたリフォームが必要になります。


@ 床の段差をなくす

廊下と部屋の間の段差や、玄関の上がりかまちの段差を
できるだけなくしていくことが必要になってきます。
高齢者はほんの小さな段差でも転倒の危険があります
ので、どうしても解消できない段差は、目立つ色のテープ
を貼るなどして、注意喚起する必要があります。

A 手摺の設置

階段、廊下、お風呂、トイレ、玄関などに手すりを設置

B 扉を引き戸に変更

高齢者にとって、ドアノブ等での開閉はやっかいなもの
引き戸なら車いすも使いやすい。

C 寒い冬の時期に、温かいリビングなど温かい部屋から

トイレやお風呂場などへ移動した場合に、温度差から脳卒中や
心筋梗塞などを引き起こす可能性がある。部屋ごとの温度差が
小さくなるようにする必要がある。

D 予備燈(足元燈)の設置

廊下や階段などの足元を照らすライトを設置

E 滑り止めの設置

お風呂場や階段、廊下など滑りにくくする。

F トイレを広くする

トイレ介助が必要になった場合、一般的なサイズのトイレでは
ヘルパーさんが介助しにくい。


こういった、リフォームにかかる費用については、要支援・要介護

認定をうけると介護保険が適用となり、最高で20万円(うち1割は

自己負担)まで助成が受けられます。
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 16:27| Comment(0) | 終活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。