2012年01月09日

年金額に合わせた生活設計を

前回、長生きがリスクになってしまうという、

悲しいお話をしましたが、では、この長〜い

リタイア後の生活を、どう幸せに乗り切っていくか

を考えていきます。


リタイア後の生活を支えるのは、やはり年金です。
この年金の受給予定額をベースに、生活を見直して
いく必要があります。

現在、毎年誕生日ごろに、日本年金機構から
年金定期便が送られてきます。
50歳以上の方でしたら、60歳まで継続して
加入していた場合の年金の支給見込み額が
記載されています。
まず、この年金額をベースにして、どの程度
自身の生活をダウンサイジングできるかを
考えていく必要があります。

家計の無駄を見直して、できるだけ毎月の
赤字幅を減らしていくことが必要です。
年金の受給額が少なく、赤字幅がどうしても
大きい場合には、働くという選択肢も当然出てきます。

むしろ、これからは社会的にもシニアの経験・知識を
どうフィードバックしていくかという部分も
注目されていくことになるでしょう。ご自分の
経験を生かして、会社や社会に貢献しながら、
シニアライフを過ごしていくことも、充実した
生き方であると思います。

その場合には、在職老齢年金の受給制限なども
しっかりと計算して、効率よく収入を確保する
ということも必要です。

長生きリスクへの備えのファーストステップは、
年金に合わせた生活のダウンサイジングと
無理のない収入の確保と言えます。

また、現役時代から徐々に、この生活の
ダウンサイジングを進め、余剰の資金を
貯蓄や、個人年金に回すというのも
一つの後方です。
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 18:41| Comment(0) | 終活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。