2012年01月04日

シニアライフをどこで暮らすのか・・・

シニアライフを考えていく上で、非常に大きなポイントとなるのが「どこで暮らしていくのか」という問題

です。できることならば、住み慣れた 自宅で自立した生活をしていく事を望まれている方が多いと思いま

す。しかし、現実には高齢になるにつれて高まってくる、健康や認知症などの問題を避けて通ることはでき

ません。介護や他の人の支援をどう受けるかについて考え、準備を進めておく必要があります。

今回は、自宅で生活をしていく上でのポイントについて考えます。

自宅でのシニアライフを考えていく上で、第一に考えなければならないのは自宅の立地環境です。

高台にあって、坂や階段が多い場所であったり、近くに商店などがなく日用品の買い物にも車が必要である

といった場合、加齢とともに足腰が弱くなってくると、どうしても出かける事が面倒になります。自宅にこ

もりがちになることは、要支援・要介護への状態へ進んでいく事を早めてしまう可能性があります。

また、私の住む札幌のような冬に雪の多い地域などでは、戸建住宅の場合、雪かきなどの問題もあります。

将来的にどのような問題が起こる可能性があるのかを、もう一度確認しておきましょう。

次に住居のリフォームについてですが、玄関周りや室内の段差などの解消を考えていく必要があります。高

齢者の家庭内事故の原因のひとつが転倒・転落です。思いもよらない事故を防ぐ為にも早めの改修を行って

いく必要があると思われます。それから室内の手すりの設置です。廊下・階段・トイレ・浴室・玄関などに

それぞれ必要となります。また、将来車いすを使用することを想定した場合に、玄関ドア、室内ドアを引き

戸に変えておくことも検討する必要があるかと思われます。これらのリフォームについては、各市町村など

での助成金などの支援もあるので確認をしておくとよいでしょう。

ちなみに札幌市では、札幌市住宅資金融資制度という無利子で融資を受けることができる制度があります。

札幌市住宅資金融資制度(平成24年1月31日まで)
http://www.city.sapporo.jp/toshi/jutaku/03reform/yuusi/yuusi.html

最後に高齢単身者の場合の自宅生活のポイントを見て行きたいと思います。最近の世帯事情を見てみると、

一人暮らしの高齢者世帯が急増しています。離れて暮らす家族と、何かあった場合にどう連絡を取り合うの

かについて話し合っておく必要があります。またご近所同士のコミュニケーションも重要になってきます。

今まであまりなじみのなかった人も、できるだけ地域の会合・イベントに参加するなどして近くに頼れる人

を作っておくと安心です。その他では、地域の支援センターや各自治体の福祉窓口など、なにか困ったこと

があった場合にどこに相談すればよいのかを確認しておくと安心です。最近では、高齢単身者をサポートす

る為の「見守りサービス」を行っているNPOなどもありますので、情報収集しておきましょう。
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 17:59| Comment(0) | シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

任意後見制度について

任意後見制度は、本人がまだ十分な判断能力があるうちに、将来、認知症などの
症状が出て、判断能力が不十分になった場合に備えて、あらかじめ、自らが選んだ
任意後見人(正確には任意後見受任者)に、自分の財産管理や、療養看護などに
関する事務についての代理権を与える契約を結ぶというものです。この契約を
任意後見契約といい、必ず公正証書で作成しなければなりません。
 この任意後見契約を結んでおけば、もし自分の判断能力が低下した場合には、
自分自身の選んだ、信頼できる人に適切な保護・支援を受けることができます。

また、この任意後見契約では、本人の判断能力の低下が認められた場合には、
家庭裁判所に任意後見監督人の選任を請求し、選任された時から、任意後見受任者
が任意後見人となり、代理権に基づいた事務を開始します。
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 08:32| Comment(0) | 後見制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。