2012年01月30日

相続税の現金納付が難しい場合

相続税は、被相続人が死亡してから10ヶ月以内に納付することが

原則です。しかし相続財産が主に不動産だけで、現金がない場合

には納付が難しいこともあります。このため相続税法は、その

納付の方法に例外を認めています。それが延納と物納です。

延納は相続税額が10万円を超え、期限までに納付することが

難しい場合に認められます。すぐに現金化することが難しい

不動産などが相続財産の50%以上ならば、最長15年まで延納が

認められます。

延納では、延納税額に対する担保を提供して税金を分割払いする

とともに、年3.6%以上の利子税支払う必要があります。

また、担保にできるのは土地や建物、国債などに限定

されるので注意が必要です。

物納については、延納を行っても相続税を支払うことが

難しい場合に認められます。

物納できる財産は、相続税額を計算する際に対象となった

財産で、国債・地方債・社債などの有価証券、土地・建物などの

不動産、船舶などの動産に限られます。

これらに該当する財産であっても、担保権が設定されて

いる不動産や耐用年数が過ぎている建物のように、処分や

管理が難しいものは認められません。

物納する財産の価値は、相続税額の計算に基づきますが、

収納までにその価値が著しく変化した場合には、別途その

価値を定めることになります。

本年度の税制改正によって、相続税の基礎控除が

引き下げられる可能性があります。

今までは相続税を納付する必要がある相続は、一部の

資産家だけであったというのが実情ですが、

この基礎控除引き下げが現実となれば、

今後は、相続税を考えなければならないケースも

増えることが予想されます。


改めて、相続財産の把握と相続税対策が

重要になってきますね。
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 17:16| Comment(0) | 遺言・相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

親権者から子の財産を守るには・・・

遺言で孫に財産を残したいが、親に勝手に

使われてしまわないか心配・・・

こういうケースがまれにあります。

子が未成年の場合、財産管理は親権者である

親が行います。親とはいえ、子の財産を勝手に

処分してしまったりすれば、親権の濫用という

ことになるわけですが、実際問題として、

その濫用をチェックすることも非常に難しいと

言えます。

ではこの場合はどういう方法があるかと言うと、

遺言で財産管理者として第三者を指定し、

その遺贈された財産についての、親権者の

財産管理権を排除するという方法があります。

(民法830条)

孫が成人すれば、財産管理者としての権限・義務

は終了し、孫に財産を引き渡すこととなります。


posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 23:08| Comment(0) | 遺言・相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

無料相談会

一昨日・昨日の二日間、新札幌にて無料の相談会を

行いました。私も参加しているNPO、新札幌リーガルネット

主催の相談会だったのですが、2日で約100名の来場があり

盛況でした。

相談内容は、相続や離婚に関するものが多かったのですが、

時期的に確定申告に関するご相談も目立ちました。

市民の皆さんをサポートするというコンセプトの元に

行われる相談会ですが、ご相談後に、「相談してよかった

安心しました」と言っていただけたりすると、こちらも

非常にやりがいを感じます。

次回は6月に開催予定です。
posted by 札幌の行政書士・FP 村上よしまさのブログ! at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。